引越し業者の見積もりを一括サイトで見てみる

引越し業者からの見積もりはとっても大事です。
とにかく、引越しが決まったら、すぐに引越し業者を選ばなければなりません。
でも、引越し業者のことはテレビCMぐらいでしか知らないでしょう。
価格が安いのか、どんなサービスがあるのか、わからないことが多いと思います。

引越し業者の見積もりの相場もわかりません。
そんなとき役に立つのが引越し業者の一括見積もりサイトです。

引越しは一生に何度もするものではないので誰しも引っ越しについてはわからないことが多いでしょう。
どうやって引越し業者を選べばよいのか?
引越し業者を選ぶ選定基準は価格なのかサービス内容なのか。
自分の引越しにはどのようなサービスが適しているのか。
パソコンなどの精密機械を大事に扱うには特別な費用がかかるのか。
などなど疑問は次から次へとわいてきます。

それらの疑問を解き明かし、あなたのニーズに合った引越し業者の見積もりを一括して紹介してくれるのが一括見積もりサイトです。
一括見積もりサイトの中でも信頼と安心の3サイトをご紹介しましょう。


引越し業者の見積もりを一括で見られるサイトのベスト3

引越し業者を選ぶためには一括見積もりサイトを使うのがよいでしょう。
その中でも実績、知名度がナンバーワンなのはTVCMで有名になった引越価格ガイドの「引越し侍」
その次におすすめな引越し業者はHOME’Sが運営する「HOME’S 引越し」。第3位は一括見積もりの世界ではほかの追随を許さない「ズバット引越し比較」です。それぞれチェックしてみてください。

<% metaKeywords %>
引越し価格ガイド

テレビCMで有名になった「引越し侍」。引越し業者の一括見積もりの老舗として1100万件以上の斡旋を経験しています。何と言っても大手引越し業者など230社以上の業者をネットワークしています。わかりやすく引越し業者を比較できるところがナンバーワンの理由です。こちらの引越し価格ガイド「引越し侍」であなたにぴったりの引越し業者を見つけてください。


<% metaKeywords %>HOME’S 引越し
あの不動産情報サイトでトップを走るHOME’Sが運営する引越し業者の一括見積もりサイト「HOME’S 引越し」。全国1000社を越える引越し業者をネットワーク。段ボールについては無料配布、HOME’Sのユーザーには引越し料金が50%割引など多くの特典を揃えている。

<% metaKeywords %>ズバット引越し比較
「ズバット引越し比較」が扱う引越し業者は230社を越える数になっています。ズバットグループはインターネットの一括見積もりに関する専門会社。一括見積もりについてのサービスの質はもっとも高いので安心です。



<一括サイトを使うヒント>
引越し見積もりの一括サイトを使うとき、電話がすぐにかかってくるケースがあります。
深夜などで電話を受けたくないときは、電話番号は記入しないほうがいいかもしれません。
電話番号をどうしても記入しないといけないとしたら、これはないぞ!という番号を・・・しましょうね。
そうすれば夜中や忙しいときに電話がかかってくる心配はありません。

①引越し業者・見積もりを一括でしてくれる「引越し侍」

引越し侍

引越し業者を見積もってくれる『引越し侍』は、引越し内容を入力して、対応可能な業者の引越し料金やサービス内容をネット上で比較、そのまま予約までできる『ネット予約サービス』を提供しています。
荷造りや手続きなど、引越しに関するお役立ち情報も充実。
引越し侍を使って引越しされた方へ、豪華プレゼントが当たるキャンペーンなども実施しています。


<引越し業者の見積もりをする「引越し侍」の特徴>

引越し業者の見積もりをする「引越し侍」の一括見積もりのやり方を順番にお教えしましょう。
引越しに必要な詳細まで入力しますから、実際の価格と見積もり額の差が少ないことが特徴です。
以下に順番に書きますのでご覧ください。

①基本事項入力
引越し日、時間、引越しする人数、現住所、引っ越し先の住所、住居タイプを入れます。
②荷物の数量入力
洗濯機荷物の数量については、実際に運ぶ荷物を詳細を入力します。
ソファ、ベッド、サイドボード、ダイニングテーブル、食器棚、本棚、タンス類、テレビ、レコーダー、パソコン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、エアコンなどなど、それぞれの種類についても入力します。
③各引越し業者の見積もり価格と詳細
そうすると、各引越し業者の見積もりがでます。
2人家族で都内での引越しで、3万円台から15万円台までの見積もりが表示されました。
引越し業者によっては特典が表示されており、それも参考になります。
作業人数、受付時・訪問時・作業員の対応、作業スピードなどの口コミを簡単に見られます。段ボール
さらに基本サービスとして、テープ、段ボール、梱包資材、ハンガー、ふとん袋、引越し保険、家具配置、エアコン着脱、ピアノ運搬、マイカー輸送、ペット輸送、一時保管、ハウスクリーニングなどのサービスについての情報もあるので、それらを見て総合して判断できます。
④ネットからの予約・電話からの問い合わせ
そのままネット予約できる引越し業者もあれば、電話で受け付けてくれる引越し業者もあります。
⑤現場で引越し業者と打ち合わせ&引越し業者決定
数社の引越し業者と実際に現場に来てもらって打ち合わせをします。その見積もり額、サービス内容で引越し業者を決定しましょう。


以下のURLから引越し価格ガイド「引越し侍」の公式サイトをみてください。
http://hikkoshi.com/

②引越し業者・見積もりを一括でしてくれる「HOME’S 引越し」の特徴

引越し業者を見積もって、一括して知らせてくれる「HOME’S 引越し」のおすすめのところをご紹介しましょう。

①基本事項、荷物数量、オプションを入力
★1ページで条件をすべて入力するのが特徴です。
●引越し日、時間、引越しする人数、現住所、引っ越し先の住所、住居タイプ、前の道路幅などを入力
洗濯機荷物の数量については、実際に運ぶ荷物を詳細を入力します。
●荷物の数量入力●依頼作業(オプション)の入力
荷造り/梱包、家具梱包、荷ほどき、家具の配置・組立、エアコンの着脱、ウォシュレットの着脱、立ち寄り、荷物の保管、配線などのセッティング、不用品の処分、ペットの輸送、車・バイクの輸送、ピアノの輸送にチェックを入れます。
②各引越し業者の見積もり価格と詳細
2人家族で都内引越しで1つの引越し業者から11万円の見積もりがでました。
その他には一括見積もりでメールや電話で見積もり額、サービス内容が提示されます。
段ボール
③ネットからの予約・電話からの問い合わせ
見積もりを依頼する引越し業者は8社。それぞれからメール、電話で連絡がきます。


以下のURLから引越し業者の一括見積もりサイト「HOME’S 引越し」の公式サイトをみてください。
http://www.homes.co.jp/
 


③引越し業者・見積もりを一括でできる「ズバット引越し比較」の特徴

引越しをするときに引越し業者の見積もりを一括で知ることができるサイトが「ズバット引越し比較」です。その特徴とおすすめな点をご紹介しましょう。

①基本事項入力
引越し日、時間、引越しする人数、現住所、引っ越し先の住所、住居タイプを入れます。
②荷物の数量入力
レンジ
リビング周り、キッチン・浴室周り、寝室・書斎周り、その他と部屋別に入力するところが特徴です。
●依頼作業(オプション)の入力もあります。
荷物の梱包、家具の梱包、家具の配置、荷ほどき、ほかの場所に立ち寄り、荷物の保管、不用品の処分、エアコンの着脱・設置、ペットの輸送のチェックを入れます。
③各引越し業者の見積もり価格と詳細
概算見積もりの提示があった業者、またはメールまたはお電話で概算見積もりを提示する業者を見られます。
2人家族で都内引越しで一括見積もりをした場合には1つの引越し業者から5万円の見積もりがあり、後の6件はメールや電話によって情報が届きます。段ボール
④ネットからの予約・電話からの問い合わせ
「約2日以内に、引越し業者よりメールまたは電話にて連絡がございます」ということで後は引越し業者からの連絡を待つことになります。
ただし、口コミなどの詳細情報については、それぞれの引越し業者についての情報があるのでクリックして見てみましょう。


以下のURLから引越し業者の一括見積もりサイト「ズバット引越し比較」の公式サイトをみてください。
http://www.zba.jp/hikkoshi/
 


引越し業者の見積もり、引越し業者選定から引越し当日まで

引越し業者の見積もりや選定、それから引越し当日までの手順を確認しておきましょう。
家を引っ越すためには、引越しの準備から引越し業者選定、引越し当日、引越し後の荷物整理、事務手続きなどがあります。
その中で、引越し費用に大きく関係するのは↓のピンクの部分です。
ここをしっかりすれば、コスパのよい引越しができるはずです。
また、一括見積もりサイトを見れば、引越しに関するさまざまなことがわかりますので、準備もうまくいくはずです。

①引越しの日時、移動先決定
②引越し荷物の数量確認
③一括見積もりサイトで数社の引越し業者選定
④数社の引越し業者と現場で相見積もり&決定
⑤荷物梱包&事務手続き
⑥引越し当日
⑦荷物整理&事務手続き


引越し業者の見積もりを一括サイトでする前に

引越し業者の見積もりをするとき、一括見積もりサイトを利用するとよいわけですが、その引越し業者を決めるまでにやるべきことがあります。
そうです。
まず、自分の荷物の数量がどれくらいかと把握することです。
「あれ! うちにはタンスはいくつあったかな?」
「エアコンは何台? テーブルはいくつ? イスは何脚?」
意外とわからないことがありますよね。

それに本やら食器やらはどれくらいの段ボールになるのか?
引越しになれていない人は、段ボール1箱にどれくらいの本が入るのかを一度、入れてみてください。
そうするとおおよその感じがつかめます。

そうして荷物を確認してから、引越し業者の一括見積もりサイトを利用しましょう。


引越し業者・見積もりを数社に競わせてコストを下げる

引越し業者の見積もりを一括でできる「引越し侍」などの一括サイトを利用すると、だいたいの見積もりとサービス内容がわります。
その中から有力な数社の引越し業者に家まで来てもらい、最終の見積もりをしてもらいましょう。
そのときに大切なことは複数の引越し業者に同じ日、1時間くらいごとに来てもらうことです。
そうすれば、こちらも短い時間で、数社の最終的な見積もりを得られます。


そのとき、2社から4社程度の会社に1時間ごとぐらいに来てもらうようにしましょう。
各引越し業者の営業マンが顔を合わせることがないように1社ごと1時間くらいの時間はとってください。
ただし、ライバル会社が来ていることがわかるようにパンフレットなどをさりげなく置いておきましょう。
ライバルの引越し業者がいれば、営業マンは見積もり額を下げてくるでしょう。
できれば、さらに営業マンにプレッシャーをかけることも考えておきましょう。
「もっと安くならないかなあ」というようにお金を下げてくれるようにほのめかしましょう。

そうすれば、引越し業者の見積もり金額は下がるはずです。
この方法をうまく使うためには本命と考えている引越し業者を最後に来てもらうようにすることです。
きっと引越し業者の見積もり額は自然と下がっていくでしょう。
ケースにもよりますが、複数の引越し業者に現場で見積もってもらうことで引越し料金が10万円以上安くなることもあります。


引越し業者の見積もりをするときに確認しておくこと

引越し業者の見積もりは営業マンの訪問から始まります。
まずは会社のPRやサービス内容について説明してくれます。
パンフレット、DVD、タブレットなどで引越しのサービス内容、それから自社のユーザー満足度ランキングなどについてアピールします。
引越し業者には説明責任がありますので、それは必ず話さなければならないルールがあるのです。
料金が気になるでしょうが、サービス内容をよく確認しないと引越し当日に後悔することになるので、しっかりと話を聞いておきましょう。

それから、引越し業者の営業マンは家の中をチェックして、引越しの内容について説明してくれます。
引越し業者の営業マンの訪問見積もりは、引越し当日にすることなどを確認するための大事な時間です。
以下のようなことをチェックしておきましょう。



<引越し業者の営業マンに確認しておくこと>

訪問見積もりの際は、引越しに関する疑問を解消するチャンスです。
費用のことだけではなく、手順、コツ、必要事項などのアドバイスを受けましょう。
最低限、以下のことを確認しておけば、スムーズな引越しができるでしょう。

●引越し当日の流れ
●荷物や家具の梱包
●家具の組み立てや配置
●家電の設置・動作確認
●荷ほどき
●荷物の保管
●不用品の処分
●エアコンの着脱・設置
●ペットの輸送
●ハウスクリーニング
●引越し保険

引越し業者の営業マンは、引越し準備から当日の流れまでを説明してくれます。
引越し業者の作業開始時間、そして、新居へ到着する予定時間などをしっかり確認しましょう。
引越し当日のスケジュールと引越し内容は引越し料金に大きく関わるものなので、充分に確認をとっておきましょう。
お金だけでなく時間をロスしたり不愉快な思いすることにもなりかねません。
営業マンの話をよく聞いて、それをノートなどに書き記しておくことも重要です。


引越し業者の見積もり:人数、時期など

引越し業者の見積もり内容は複雑ですが、引越しのおおよその金額は以下のようになっていますので参考にしてください。
距離が増えれば引越し費用は2倍や3倍になるケースもあり、移動に時間がかかることもあって引越し手順が難しくなることもあります。

<引越し費用のおおよそ:通常期>

単身 2人家族 3人家族 4人家族
全体平均 27000円 60000円 65800円 70000円
50キロ未満 21600円 56000円 75600円 95000円
550キロ以上 54000円 150000円 168000円 260200円

※引越し業者の一括見積もりサイト「引越し侍」の情報から制作

<通常期と繁忙期>
●繁忙期は3月から4月
これが通常期の引越し費用だが、繁忙期の3月から4月は、上の表の2倍近い金額になります。
もし、引越し時期を繁忙期を外せるならば、費用的にもサービスの質的にも外したほうがいいでしょう。

●特に安い時期
7月がもっとも安い時期で、次に安いのが1月と6月です。
暑いですが、できたら7月後半がもっとオススメです。
太平洋側での引越しなら1月もよい時期となります。

引越しで想定外のことが起きますので、できるだけ準備万端でのぞんでください。
以上、引越しの一括見積もりサイトを使って、コスパのよい、快適な引越しに関する情報をお届けしました。


引越し業者を使って引越すなら一括見積もりはおすすめ

一括見積もりにすると割引があります
○引越しは安いところで節約して料金を抑えたいものです
これから引越しを考えている方、決まった方、悩まれるのはお金のことではないでしょうか。
距離にもよりますけど、荷物を運ぶのはお金も時間も体力もかかります。
引越しって重労働です、せめてお金だけでも節約できたらいいですよね。
私もかつて引越しを数回しましたが、一括見積もりサイトというのを初めて利用してみたのです。

○一括見積もりを使うと引越しがスムーズに
まずスマホから登録をします。
必要事項を入力するだけなのですごく簡単です。
あっという間に登録完了・・・と思った瞬間すぐに電話が!メールが!って入ってきてちょっとびっくりするかもしれません。
私の場合で大体10社近くだったような、電話で見積もりに伺わせてくださいと各社から言われますので、時間がある方は全部受けてもいいでしょうし、2~3社だけ受けて後は断るでもいいですしそれはご自分次第です。
私の場合は最初の1社目で決めたので後は断りの電話を入れました。


○引越し業者を決めた後はその旨を他の業者に伝えれば大丈夫
実は、2社ほど見積もりに来てもらう段取りはしていたのですが、1社目でこれ以上は安くならないだろう・・・ぐらいの額を提示されたので即決したんですね。即決するならばという条件の部分もあったのでもうさっさと決めてしまいました。
断りを入れた2社のうち1社からは「どうしてですか~、見積もりさせてくれるって言ったじゃないですか~」と食い下がられましたが申し訳ないけど時間もあまりないので即決したと伝えたらあっさり電話を切られました(汗)
他にも連絡を後から入れてきた業者さんもいましたが、引越しが決まったと言えばそれ以上は何もありません。(当たり前ですね・・・)


○引越し費用が安くなるけれど電話やメールの対応が増えるのは仕方ないが・・・
一括見積もりサイトを使うことによって割引があるというのはメリットです。
通常より数万円割引価格になり、さらにそれにエアコンの取り外しなどの工賃も含めてもらっていましたから私の場合は本当に格安でした。
デメリットは先ほども説明しましたように、電話やメールが各社からありますので数日間対応に追われるというのは覚悟しなくてはいけないかもしれません。
相手も営業で必死なのですから、無視したりせずちゃんと返答はしないといつまでもかかってくると思います(汗)
引越し業者はもう決まったとわかればかかってくることはないです。

もし、どうしても電話が嫌なときは、メールだけに絞ればいいですよ(電話番号は●●にすればいいんです)。
引越し見積もりサイトを使うのは、やはり、おすすめですね。


引越し業者の一括見積もりでリーズナブルに・・・体験談

比較的荷物量も少なく荷作りに対する労力が少なくて済む単身での引っ越しならそれ程深刻に考える必要も無いのでしょうが、その一方転勤等に伴う家族ぐるみでの引っ越しとなればその荷物量は相当なものになるはず。
特に数県をまたぐ遠距離の引っ越しとなれば、かなり早めに準備を始めなければ、余裕を持って引っ越しのスケジュールを完了させる事は不可能に違いありません。

現在では利用出来る引越し業者のサービスも多岐に渡り、また引越し業者間の競争も激しくなっている事から、各業者が様々なお得なキャンペーンを打ち出しより安価で便利に利用出来る様になりました。
これらの中から最も利便性に富み、またリーズナブルなプランを見付けるには、とにかく目に付いた引越し業者のサイトにアクセスし、そのフォームから無料の料金見積もりを丹念に行ってゆくしか方法は無いと感じるものです。


○引越し業者を選ぶなら一括見積もりサイト
無論、引越し業者が近隣に幾つもあるのなら直接営業所を訪れ、直接見積もりを出してもらった方がレスポンスは高いものなのです。
それにしても移動距離も多くなる上に要する時間も長くなり、余程時間が空いていなければ無理な話でしょう。
ですが見積もりを短時間かつ合理的に行い最も便利でリーズナブルな引越し業者をチョイス出来る方法はあります。
それが引越し業者の一括見積もりサイトです。
もちろん引越し業者のチョイスに関しても例外では無く、自分が行いたい引越しの条件さえ明確に分かっていれば、その条件を入力するだけでベストな引越し業者のプランを提案してくれるという優れモノなのです。
今やありとあらゆる商品やサービスのジャンルに対して一括見積もりあるいは価格比較サイトが存在し、その利便性を発揮しているものです。


○引越し業者の見積もりを約2万円以上を下げられました。
私も前回の引越し時までは一括見積もりサイトの存在や利用法を全く知りませんでした。
とにかく近所にある最も有名な引越し業者に直接依頼していたものですから、今から思えばかなり料金は割高になっていたに違いありません。
ただ前回の引越しまでに一括見積もりサイトの存在を初めて知り、それに従って引越し業者やプランをチョイスした結果、ほぼ同じ様な条件であったにも関わらず、およそ2万円以上も料金を下げる事が出来たのでした。


○ネット音痴でも簡単に引越し業者の見積もりがとれます
ネット音痴だった私に比較サイトや一括見積もりサイトの存在を教えてくれた知人の力も大きかったのです。
引越し業者のネームバリューだけにこだわらず、口コミ等の情報も参考により安く、より良いサービスを行ってくれる引越し業者を集中して探し、見積もりを出してもらえたのも大きかったと感じています。

引越し業者の見積もりでもれなくプレゼント!のワナ

転職を機に、大阪から山口に引っ越しをすることになり、引越し業者に見積もりを依頼することになりました。
季節は春。
3~4月の繁忙期だったので、テレビであちこちの引越し業者がCMを流していました。
複数見積もりを取って決めようと、CMもしっかりチェック。
そこで目についたのが、S引越しセンターの『見積もりでお米5キロプレゼント』のCMでした。
引っ越し先も一人暮らしですし、転職で少し収入が下がる予定だったので、お米は何より嬉しい特典です。
CMを見て、わたしはS引越しセンターにすぐ見積もりの予約を入れました。

S引越しセンターの他3社に見積もりを依頼。
面倒なので1日で4社の予約を詰め込み、朝1番はあのお米が貰えるサカイ引越しセンターです。
引越しの営業担当者は30歳くらいの男性。
お目当てのお米5キロを受け取り、間取りや荷物の量などをチェックし、見積もり金額が提示され…ここから驚愕の時間がスタートしたのです。


引越し業者の営業担当者が他3社の見積もりに同席?!
それまでも何度か引っ越しをしたことがありましたので、引越し業者とのやりとりも見積もり、依頼までの流れもよくわかっています。
金額提示が済んだら、では他の見積もりも取って検討します。で完了と思っていたんです。
ところがこの男性、引き下がりません。
もう次の引越し業者さんが見積もりに来ますので、と言ってお引き取りを願おうと試みたら、なんと『わたしも同席させて下さい』と。
は?!
そんなこと普通するでしょうか???
押し問答するうちに時間が来てしまい、次の引越し業者担当者の女性が来てしまいました。


同じ流れで金額提示をした女性担当者に、S引越しセンターの男性担当者は『ウチはこの金額でやらせてもらいます』と自社の金額を示すのです。
それを見た2番目の引越し業者の女性担当者、『ウチはこの金額は無理です』と言い残して帰ってしまいました。
S引っ越しセンター、なんと競合他社を追い返したんです!
その次の引越し業者も同じく追い返したところで、抗う気力を削がれたわたしは、4つめの引越し業者にキャンセルの電話をしたのでした。


お米プレゼントに釣られ、見積もりだけ取って断ればいいと気軽に引越し業者に依頼したのが運のツキ、です。
プレゼントを渡した以上、引越しの見積もりを出した以上、何が何でも逃さない!というえげつないほどの食らいつき方に完敗でした。
タダより高いものはない、ということわざ?通りですね。
確かに他より安かったですし不満はありませんが、やり方がエグ過ぎて…。
ホント、いい勉強になりました。

複数の引越し業者の見積りをチェックして最終決定

3月、4月は引越しシーズンです。
引越しは大変なイベントです。
今、住んでいる所から、知らない場所へ移り住みます。
引越しをするには、引越し業者に頼む必要があります。
引越しで気になるのが料金です。
引越し料金は正直高いです。
私は、東京から三重県に引越しをしました。
そこで、少しでも引越し料金を安くする為に、いくつかの引越し業者に見積もりを頼むのが、オススメです。
インターネットではなく、実際に自宅に来てもらい、引越し業者に見積もりを取ってもらう方が正確です。


<リサイクルショップの出張買取を利用する>
インターネットでは、実際に荷物を見ない為、おおよその金額しかでません。
追加料金を取られる可能性があるので要注意です。
引越し業者が見積もりが来た場合、引越しで持って行く物を全て引越し業者に言わなくてはいけません。
これも注意が必要です。
後で、運びたい荷物が出てきたら、追加料金が取られます。

私は、複数の引越し業者を呼んで、見積もりを取って安い引越し業者を探しました。
失敗したのは、後で見積もり以外の荷物がでてきた事です。
もちろん、追加料金は取られました。
引越し業者の見積もりが来る前に、運ぶ物と、不要な物を分けておく必要があります。
不要な物は、引越し業者が有料で引き取る場合が多いです。

しかし、今の時代は不要な物は、引越し業者に有料で引き取ってもらうと損をします。
リサイクルショップに買い取ってもらう方が得をします。
買取金額は少ないかもしれませんが、損はしません。
車がないからリサイクルショップに行けない人もいると思います。
しかし、リサイクルショップは出張買い取りをやっているお店が多いです。


<階段が狭いと運搬料が割増し?>
運ぶ荷物の見積もりをとった後に注意するのが、引越し業者が運搬料を割り増ししてくる事です。
私の場合ですが、アパートの階段が狭いという理由で、運ぶのが大変という事で少しですが、追加料金を取られそうになりました。
私は、そこまで大変ではない、追加料金は払わなくて大丈夫と引越し業者に必死に伝え、追加料金は免れました。
気の弱い人なら、引越し業者の言いなりになってしまい、追加料金を取られる可能性があります。
要注意です。
しっかり断りましょう。

あと、引越し業者の見積もりの時に、荷物を引き取る時間を早朝にすれば、安くなるという事で、朝1番の8時に引き取る事にしました。
引越しはスムーズに終わり、金額は見積もり通りの金額になりました。金額通りで満足しました。
自宅に引越し業者を呼んで、直接見積もりを取って正確でした。


やはりオススメナンバーワンは

引越し価格ガイド
操作画面と口コミ画面がわかりやすい「引越し侍」
ここであなたにぴったりの引越し業者を見つけてください。