下準備が重要!安く効率よく済ませる為の4つのポイント

東京から大阪への引っ越し、大阪市内から市内への引っ越しを2度経験しました。
1度目は1人、2度目は彼氏と同棲するために、別々の場所から1人ずつの
合計2人分のお引越しでした。

時期は共に引っ越しシーズンの春。
引っ越し業者さんも、大忙しの時期で引っ越しの時間はとてもタイトだったように感じます。
そんな引っ越しのピークだからこそ、素早く業者さんも、自分たちも楽できる引っ越しの
ポイントをまとめてみました。

引越し業者の見積もりは数社から取るべし!

引っ越しというと、まずは業者選び。
小さいものは自分たちで運ぶという方も居ますが、引っ越し業者よっては
そんなチマチマとした引っ越しをしなくても、一気に運んでもらう方がお得な事も。
特に遠方への引っ越しの場合「自分たちで引っ越し」が難しくなるので
段ボールなどの小物に関する予算も踏まえ、見積もりが大事!

業者さんによっては、段ボールもサービスでもらえたりするので、近くでの引っ越しでも
一気に済ます引っ越しがお得な場合もあります。

そして業者については大手もマイナー企業も関係なく複数見積もりを!
他の業者が出してきた見積もり金額をベースに話をすることで
以外と値引きをしてくれることもあります。

引っ越しは後からも何かを買い足したりと、以外と出費がかさむので
見積もりの時点で出費を最小限に抑えましょう。

見積もり専用サイトでしたら、一気に複数の業者からの見積もりを取ることができます。
その中から選別し、他社が出してきた見積もりをベースに交渉するのがポイント。



下準備が大事!いざ引っ越し準備

無事業者が決まり、段ボールが手元に届いたら、めんどくさがらずにマジックと
ガムテープをしっかりと準備。
「マジックが無いからボールペンで書いちゃえ」
何てことをすると、段ボールの山から必要な段ボールを探すことが難しく
後から以外と手間取ります。
マジックは細すぎると、見えにくいので、中文字から太文字がオススメ。
普段使わないものから箱詰めを開始しますが、その時は引っ越し先の部屋別に箱詰め
をすることがポイント。
段ボールには横メント上面に、部屋と内容物を記載。

部屋は番号別にすると、引っ越し業者さんも作業がしやすいので、運び込む時間が
短縮されます。
リビングは1番 キッチンは2番という風に部屋の見取り図を元に番号付けがオススメ。
1度目の引っ越しの時に、何もわからず、段ボールを1か所に運んでもらった結果
引っ越し後に、部屋から部屋へと段ボールを運ぶ手間と、段ボールの山の中から
必要なモノを探し出す手間がかなりしんどかったです。
是非、箱詰めのタイミングでしっかりと準備をすることが、引っ越し後の手間と生活を
グッと楽にしてくれるので、下準備はしっかりと!



お引越し先では部屋に番号付け

部屋別に箱詰めをし、部屋の番号を付けたら、お引越し先の部屋では入り口部分に部屋番号を
貼り付けることで、引っ越し御者さんも、スムーズに運び込むことが可能。
運んでもらう間も大型家具以外で質問をされる回数がへるので、引っ越し当事者にとっても楽に進めることができます。

お引越しに関するポイントまとめ
1:複数の業者から見積もりをとり、交渉することで経費削減!
2:段ボール詰めは部屋別に
3:段ボールには、マジックで上と横面に部屋番号と内容物を記載
4:引っ越し先の部屋に部屋番号を貼り付ける事で、効率アップ




やはり引越し業者の一括見積もりサイト
オススメナンバーワンは

引越し価格ガイド
操作画面と口コミ画面がわかりやすい「引越し侍」
ここであなたにぴったりの引越し業者を見つけてください。