安く済ませるための工夫は無名の業者を選ぶこと?

私たち夫婦は6月の日曜日に大阪市内の賃貸マンションから分譲マンションの大阪市内に引っ越しをしました。
本当は4月に引っ越し希望だったのですが、引っ越し業者に見積もりを依頼すると3月4月は引っ越し業者も忙しく引っ越し代も少し高くなるとの事だったので、梅雨の時給である6月にして雨が降らない事を願う事にしました。



前もって入らない物は持っていかないように

また、色々な引っ越し業者に見積もりをしてもらい一番安い所で引っ越しをお願いしました。もちろんCMなので有名な引っ越し会社はお高く、低予算で計画していた私たちは無名の引っ越し業者にお願いすることにしました。

契約を済ませると自宅に大きいダンボール15箱、小さいダンボール10箱程度が届きました。2人だったので、ダンボールに荷物がおさまり切るか心配で問い合わせてみました。
数箱までは無料で頂け、引っ越し先へ運んで頂けるが多くなるとお値段もかかるとの事でした。なので、前もって入らない物は持っていかないように荷物の整理から始めました。



空気を抜き圧縮させてからダンボールに入れました

1Kの賃貸マンションだったので、狭い中の引っ越し作業は苦労しました。
入る物入らない物に分け、入らない物の中から売れそうな物はネットで売り少しでもゴミを減らし、尚且つ引っ越し代の足しになる様にしました。
また、消耗品は(トイレットペーパー、ティッシュ、洗剤など)意外にダンボールに入れてしまうと場所を取ってしまうので、無くなってしまわないように調節して使い引っ越し後買い足せるようにしました。

トイレットペーパーは中々難しいですが、洗剤などは少し水で薄め、時と場合によってティッシュを使わず台拭きを使ったりと考えました。
そして、どうしても衣類、特に冬物はかさばります。
引っ越し会社に問い合わせると無料で衣裳ケースが借りれるそうなので冬物のコートなどはそちらに入れることにしました。またその他の服は、大きめのジップロックに入れ、空気を抜き圧縮させてからダンボールに入れました。



近い距離だったのもあり6万円程度で引っ越しが出来ました

しかし、どうしても食器、鍋などは形を変えることが出来ないので入れるのに苦労しました。
また、他の引っ越し業者だと食器専用のボックスを貸してもらい、新聞紙などで梱包しなくても良いようにしてくれるが、お安い業者なのでダンボールに梱包して入れる形でした。
色々工夫しましたが残念ながらいいアイディアは思い浮かばず場所だけとってしまいました。
しかし、隙間を作らないように間にフェイスタオルをかますなどして、割らないようにと少しでも物を入れるようにだけは心がけました。

ダンボールは4箱追加する事になりましたが、無事に無料のダンボール分で収める事ができました。
安い業者だからといって雑な作業では無く、きっちり最後まで丁寧にして頂きました。

2人の引っ越しでさらに近い距離だったのもあり6万円程度で引っ越しが出来ました。
引っ越し後は、入らないダンボールを回収して下さり無事に引っ越しを終えることが出来ました。自分なりに安く引っ越し出来たので大満足です。


やはり引越し業者の一括見積もりサイト
オススメナンバーワンは

引越し価格ガイド
操作画面と口コミ画面がわかりやすい「引越し侍」
ここであなたにぴったりの引越し業者を見つけてください。