一括サイトで絞って見積もりを依頼すること

千葉県から埼玉県へ引っ越しました。
これまで引越しは何回か経験しましたが、県外へは初めてです。
家族3人、費用は9万3千円でした。
時期は一月下旬です。
この時期の相場はわかりませんが、安くできたのではないかと思っています。
まず引越しをするにあたって、引越し業者を選ぶことから始めます。
大手から地域密着の小さなところまでいろいろあるので迷いますね。



引越し見積もりサイトで見積もりを出した

以前、引越し見積もりサイトで見積もりを出してもらった経験があります。
その時は一日に何件も引越し業者からの見積もり依頼の電話があり、正直げんなりしました。
なので今回はサカイ引越センターとハート引越センターの2社に絞り、見積もりを依頼しました。

安いところを探すぞ!と多くの業者に見積もりを依頼するとなかなか大変です。
向こうも契約を取ろうとやってくるので、断るのも労力が入ります。
なので見積もりは少なめに依頼した方がいいかと思います。
料金に納得いかなければ値段交渉をすれば安くしてくれます。
わたしは料金に納得できたサカイ引越センターに決めました。
2トントラック2台、作業員3名、前日梱包で作業員2名です。
午前8時から始まり、昼をまたいで14時くらいには終わる予定でした。

引越し業者も決まり、荷造りを始めます。
荷造りって本当に面倒な作業ですよね。
必要なもの不要なものに分けながら梱包していくと、ついついそこにあった漫画を読んでしまっていたり・・・。
今回は家族3人分の荷物、しかも仕事でなかなか梱包作業がはかどらない。
ということを事前にわかっていたので、梱包サービスを依頼しました。
引越し前日に作業員2名によって我が家の荷物が瞬く間に片づけられていきます。
食器棚の食器たち、本棚の本、押し入れの細々した荷物も2時間程度で片付きました。
あっという間で驚きました。
お値段はかかりますが、梱包サービスはすごくおススメです。

引越し当日は時間きっかりに作業員がきて荷物を運び出していきます。
新居についたらしっかりと養生して運び入れます。
この運び入れの作業をよく見ていないと、新居に傷がついたときに賠償だなんだと面倒なことになるので気を付けてください。
作業員の服装もチェックしたいですね。
わたしは服が汚れていないかもチェックしましたが、一番は靴下です。
やっぱり新居に汚い靴下で入ってほしくはないのが本音です。
新品の靴下で作業します、と言う業者もいるくらいなので気になる人は気になると思います。



荷物も無事に運び入れ、家が傷ついていないかチェックして書類にサインをします。
サインをしてしまうと、傷がついてたと後から言っても門前払いをくらうので、ここはしっかり傷がないかチェックしましょう。
梱包に使った段ボールは回収に来てくれるサービスもあるので利用したいですね。
我が家は有料になるのを理由に自分たちで処分しました。
荷解きはそれほど苦にならずに終わりました。
自分たちでやればどこに何があるかわかるし、使いやすいように片づけていけるので、引越しの荷解きサービスは必要なかったなと思います。


やはり引越し業者の一括見積もりサイト
オススメナンバーワンは

引越し価格ガイド
操作画面と口コミ画面がわかりやすい「引越し侍」
ここであなたにぴったりの引越し業者を見つけてください。